AdobeStock_300811902
AdobeStock_300811902
mainimage01
mainimage01
mainimage03
mainimage03
納得の不動産売却を横浜市で
個別の事情に配慮した適切なサポート
Concept

戸建て住宅の不動産売却を横浜市でお手伝いします

ファイナンシャルプランナーによる無料相談も行っております

今後、少子高齢化がますます進み空き家問題がさらに深刻化すると言われています。お客様の不安に寄り添えるように横浜市と周辺エリアにて丁寧な不動産売却サポートを行っています。相続などで戸建て住宅や土地を引き継ぐことになったとき、すぐに売ることを決断されない方もいらっしゃいますが、所有し続けることでお客様に物件の管理と固定資産税の負担がかかります。特に、居住用ではない不動産については、居住用の不動産よりも高額な固定資産税が課税されてしまいます。お客様のお気持ちとご相談の内容を丁寧に伺い、一人ひとりが納得いく不動産売却ができるように横浜市でお手伝いいたします。

Gallery

これまでの不動産売却の実績を横浜市でご紹介しています

拠点とする横浜市と周辺エリアの不動産売却実績

Staff

建築や設計の知識を活かした不動産売却を横浜市で

様々な面から最適な不動産売却を横浜市でお手伝い

代表取締役 井上 賢

この度は当社のホームページをご覧頂きありがとうございます。
当社はご自宅や収益用不動産を建てたい方、買いたい方、売りたい方、全ての方に向けた不動産に関わるサービスをおこなっている会社になります。


私は大学を卒業してからパワービルダーと呼ばれる新築戸建て分譲会社に約12年勤務し、用地仕入と建売の販売業務をおこなって来ました。その後収益用不動産を分譲する会社に勤務し令和1年5月に当社を設立しました。


趣味は18歳に始めたスノーボードでまぁまぁ上手かな?と思います。家事は全然できず妻に任せっぱなしでしたが、最近はおうち時間が増えたことにより、休日はお昼ごはんを作ったり、娘とお菓子作りをするようになりました。


当社の会社名である『インターグロー』とは『共に成長する』という意味があります。
仕事はひとりですることはできません。お客様を始めとし、事業主様、工務店などの協力会社様などさまざまと協力してひとつのプロジェクトを進めます。

その関係者全ての方がプロジェクトを通じて『共に成長する』ことを目指すためにこの会社名を付けました。


当社との取引の中で共に成長しましょう!!


株式会社インターグロー
代表取締役 井上 賢

Q&A

お客様の不動産売却に関するお悩みに横浜市でお答え

  • ローンの残っている不動産の売却は可能ですか?

    住宅ローンが残っていても家を売却することは可能です。   「転勤で引っ越さなくてはいけなくなった」「住宅ローンが払いきれなくなった」 家を売却する理由はさまざまですが、住宅ローンの返済がまだ途中でも家の売却は可能です。   まず前提として、住宅ローンが残っている家を売却するには売却と同時に住宅ローンの残債を一括返済し、ローン契約を終了しなくてはいけません。 住宅ローンが残っているというのは、住宅に抵当権が残っている状態です。 ローン返済が滞ると住宅が担保として差し押さえられてしまうので、住宅ローンが残っている住宅は誰も買ってくれないのです。   それを踏まえたうえで、ローンが残っている家を売却する3つの方法をご紹介します。   【1】売却金で住宅ローンを一括返済する   住宅の売却金で残りのローンを一括返済する方法です。 ローン残高よりも高く売れそうな場合や、売却金と預貯金などの自己資金をプラスして売れる場合もこれにあたります。   住宅の売却金決済日に売却金を受け取ると同時にローン残債を一括返済し、抵当権を抹消して所有権を新たな所有者へ移転します。   【2】住み替えローンを利用する   新しい家を購入して住み替える場合に、ローン残債を新しい家の住宅ローンに一本化する方法もあります。 売却価格がローン残高より低くても、自己資金を用意する必要がないのがメリットです。   ただし新しいローン契約と古いローンの返済を同時に進めるため、タイミングが難しいです。 また、借入総額が大きくなるので、収入によっては審査に通らない可能性も。 月々の返済額が大きくなったり返済期間が長くなったりと、返済の負担も増します。

  • 査定はどのように行いますか?

    不動産査定には大きく分けて、机上査定(簡易査定)と訪問査定(現地査定)があり、周辺の類似事例と該当物件を比較して、おおむね3カ月以内に売れると想定した「査定価格」を割り出します。 ●机上査定(簡易査定) 周辺の売出事例や成約事例、公示地価などの「価格データ」と土地面積、建物面積、間取り、築年数などの「物件データ」を参考にして、査定価格を算出する方法です。眺望や隣地との距離、内装の程度などは考慮されないため、実査定後に、価格の誤差が生じる可能性があります。 ●訪問査定(現地査定) 営業担当者が現地を訪問した上で、査定価格を算出する方法です。「価格データ」と「物件データ」「現地の状況」の3つの視点から査定を行うため、より正確な査定価格を知ることができます。ご訪問時に、建物や敷地の状況を見て、詳細な報告を行います。また、営業担当者にその場で質問できるので、より具体的にご売却の流れを知ることもできます。

  • 売却までにリフォームは必要ですか?

    家を売却するとき、少しでもよい状態で売却するために、リフォームを考える方は少なくありません。しかし、リフォームしたからといって必ずしも早く、そして、高く売れるわけではありません。   これには中古マンションの購入者数が増えていることがひとつの原因として挙げられます。財務省の広報誌『ファイナンス』によると、首都圏マンションの成約戸数は、2001年には新築マンションの契約戸数が9万戸弱、中古マンションの成約戸数が3万戸弱とおよそ3分の1だったのに対し、2016年には中古マンションが新築マンションの成約戸数を上回っています。 中古マンションの場合、買主は立地や物件価格を重要視して探していることが多く、リフォームされた高い物件より、リフォームされていない安い物件が選ばれる可能性が高いと考えられます。 リフォーム済物件を探している人もいる もちろん、リフォーム済物件を探している人もいます。とくにフルリフォームした物件であれば、専有部は新築とそう変わらないことが少なくありません。リフォームしても早く高く売れるわけではないとはいえ、内見時の印象をアップできるため、早期売却につながる可能性もあります。 中古物件の売却時には、リフォームについて十分に検討する必要があると言えます。設備や壁・床の老朽化など場合によっては、売却価格は据え置き、リフォームにかける費用を売却のための必要経費と考えることも必要です。   ・一般的にはリフォームは必要ありません。買主の好みの問題もありますので、購入後に買主が負担し、リフォームをするケースが多いです。ただし、建物の状況によっては、一部でもリフォームすることで印象が良くなり、早期の売却が実現することもあります。

  • 売却できるまでどのくらいの期間が目安になりますか?

    土地を明け渡すまでの平均的な期間としては、3ヶ月から半年です。人気度や季節柄によって、最短で2週間~1ヶ月というケースもありますが、それは特別な場合と考える方が妥当であるといえるでしょう。

Access

拠点とする横浜市周辺の不動産売却を承っています

株式会社インターグロー

住所 〒240-0044
神奈川県横浜市保土ケ谷区仏向町1037-18
電話番号

045-442-7316

045-442-7316

FAX番号

045-442-7317

営業時間

9:30 〜 18:30

アクセス

「高額で購入したのでできるだけ高く売りたい」など、お客様のご希望に応えるために全力を尽くす不動産売却の会社を横浜市で営業しています。一人ひとりが納得できる不動産売却のお手続きができるように、横浜市を中心に川崎市や東京都品川区、大田区まで周辺エリアのお客様の不動産に関連する悩みやご相談に丁寧にお応えいたします。

About us これまでの不動産売却のノウハウを横浜市で活かします

丁寧な不動産売却コンサルティングを横浜市で行っています

「親が畑として使っていた土地を持っている。親が高齢で耕せなくなったので今後売るかどうかを悩んでいる」「急に転勤になってしまってしばらく空き家として所有することにしたが、今後戻って来られる可能性が限りなく低いので売却したい」など、お客様一人ひとりの不動産売却に関する悩みや不安に横浜市で丁寧に寄り添い、それぞれが納得いくプランのご提案に尽力しております。土地や建物は所有しているだけでも固定資産税が課されてしまうだけでなく、管理の手間も生じてしまいます。土地の場合は敷地内に生えた雑草を定期的に処理する、戸建て住宅の場合は建物が傷まないように換気や掃除をこまめに行う必要があります。

所有している土地や戸建て住宅についての今後に不安がございましたら、不動産売却の査定を含めて一人ひとりにベストなプランを横浜市でご提案いたします。「まだ売却するかどうかはっきりと決めていない」「親が所有している不動産なので自分に決定権はない」という場合でも、今後実際に不動産の活用について検討したときに役立つように横浜市で不動産売却の査定やご相談を承っています。

設計や建築のことまで不動産売却に関するご提案を横浜市で

「親が所有している土地があるが、今後使う予定がない。しかし、立地が良いわけではないので売れるのか不安」「空いている土地を持っているが、注文住宅を建てる土地として購入してくれる人がいるだろうか」など、お客様の不安や悩みに寄り添い、様々な面から不動産売却をお手伝いする会社を横浜市で営んでいます。これまでに多数の不動産売却を横浜市やその近郊エリアにて承ってきた実績がございますので、立地やエリア内の住民の年齢層や世帯の特徴などまで配慮し、不動産のニーズを見極めて迅速に不動産売却の査定額を横浜市でご提示いたします。

査定額をご提示するときには、お客様が納得いただけるように丁寧なご説明を加えております。例えば、「この空き土地であればこれくらいの建物が建てられるでしょう」「間口が狭くても間取り次第で住宅が建てられます」といったように、建築や設計に関する知識を有していますので、不動産だけでなく売却に関連するあらゆる面から総合的なご提案を行えます。お客様一人ひとりにベストなご提案ができるように知識とネットワークを活かし全力でサポートいたします。